ブリヂストン美術館は、ただいま長期休館中です。

西洋近代美術と戦後美術

拡大ボタンをクリックすると作品解説がご覧いただけます。

印象派とその周辺

印象派とその周辺 カミーユ・コロー《ヴィル・ダヴレー》1835-40年 ギュスターヴ・クールベ《雪の中を駆ける鹿》1856-57年頃 クロード・モネ《黄昏、ヴェネツィア》1908年頃 エドゥアール・マネ《自画像》1878-79年 ピエール=オーギュスト・ルノワール《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》1876年 ギュスターヴ・カイユボット《ピアノを弾く若い男》1876年

ポスト印象派から20世紀美術

ポスト印象派から20世紀美術 ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》1904-06年頃 フィンセント・ファン・ゴッホ《モンマルトルの風車》1886年 ポール・ゴーガン《乾草》1889年 アンリ・マティス《青い胴着の女》1935年 パブロ・ピカソ《腕を組んですわるサルタンバンク》1923年 パウル・クレー《島》1932年

戦後美術

戦後美術 ジャクソン・ポロック《Number 2, 1951》1951年 ジャン・フォートリエ《人質の頭部》1945年 堂本尚郎《連続の溶解9》1964年 ザオ・ウーキー《07.06.85》1985年

近現代ヨーロッパ彫刻

近現代ヨーロッパ彫刻 オーギュスト・ロダン《考える人》1902年頃 コンスタンティン・ブランクーシ《接吻》1907-10年 エミール=アントワーヌ・ブールデル《ペネロープ》1909年 オシップ・ザツキン《母子》1919年 アレキサンダー・アーキペンコ《ゴンドラの船頭》1914年