ブリヂストン美術館は、ただいま長期休館中です。

石橋財団コレクション

青木繁

久留米(福岡)、1882(明治15)− 福岡、1911(明治44)

久留米市荘島町に生まれました。1899年久留米中学明善校を中退、画家を志して上京し、小山正太郎の画塾不同舎に入門します。翌1900年東京美術学校西洋画科選科に入学、1903年の白馬会第8回展に《黄泉比良坂【よもつひらさか】》などの神話画を出品して白馬賞を受けました。翌1904年7月東京美術学校を卒業すると、坂本繁二郎、森田恒友、福田たねと共に千葉県館山市の布良【めら】に行き、8月末まで同地に滞在して《海の幸》など海を題材にした秀れた作品を制作しました。同年秋の白馬会第9回展に《海の幸》を発表し、さらに画壇の注目を集めます。1907年東京勧業博覧会に自信作《わだつみのいろこの宮》を出品しますが、本人としては不本意な三等賞に終わりました。同年8月久留米の父親の死去にともない帰省し、以後中央画壇への復帰を目指しますがその希望はかなうことなく、九州各地を放浪、肺病のため死去しました。短いその画業は明治浪漫主義絵画の頂点に位置します。
青木繁《海の幸》1904年 油彩・カンヴァス 重要文化財
青木繁
《海の幸》
1904年 油彩・カンヴァス
重要文化財

左手に向かって行進する一群の漁師たちを描いています。漁師たちは手に銛(もり)を持ち、ある者は肩に、ある者は銛に刺して、鮫とみられる大きな魚を担いでいます。この絵は1904年夏に東京美術学校を卒業したばかりの青木が、友人の坂本繁二郎、森田恒友、そして恋人の福田たねと千葉県館山市の布良(めら)海岸に旅行した際に制作したもので、この年秋の白馬会第9回展に出品されました。中央部の二人の白い顔は、その後に青木が加筆修正したとみられ、こちらを向く顔には福田たねのイメージが重ねられているようです。洋画では、最も早い1967年に重要文化財に指定された作品の一点です。
日本近代洋画