ブリヂストン美術館は、ただいま長期休館中です。

石橋財団コレクション

カミーユ・コロー

パリ、1796−ヴィル・ダヴレー(フランス)、1875

パリの裕福な服地商人の家に生まれたコローは、父の跡を継ぐため家業を手伝いながら、夜は画塾で絵を学びました。父がヴィル・ダヴレーに別荘を購入すると、彼は一部屋をアトリエにして、休みには制作に打ち込みます。26歳で画家になる決心をし、アカデミー派の画家ミシャロンに、次いでベルタンに弟子入りして、その後イタリアへ旅立ち約3年を過ごします。豊かな光に満ちたイタリアで熱心に勉強に取り組み、色彩感覚や光の表現において高い評価を得るようになります。後年さらに2度イタリアを訪れました。彼は、ヴィル・ダヴレーやフォンテーヌブローだけでなく、フランス各地を訪れて様々な風景を描きました。しっかりと自然を捉えながら描いたことや、明暗のはっきりした光の表現は、印象派やそれに続く世代に大きな影響を与えました。晩年には、写実表現の上に立ちながらも、叙情的で夢想的な風景を描きました。肖像画や人物画にも多くの傑作があります。
カミーユ・コロー《ヴィル・ダヴレー》1835-40年 油彩・カンヴァス
カミーユ・コロー
《ヴィル・ダヴレー》
1835 - 40年 油彩・カンヴァス

伝統的な物語画(歴史画)の背景にも風景は描かれていますが、必ずしも実際の景色ではありませんでした。1830年頃から、戸外で風景を観察して描く画家が増え始め、近代的な風景画というジャンルが生まれました。コローはその先駆者です。パリ近郊の町ヴィル・ダヴレーは、森と池のある豊かな自然に恵まれた場所で、コローは初期から晩年まで幾度もこの地を描きました。両側を草に覆われたほの暗い小径には木漏れ日が差し、道の真ん中に立つ娘の背後には明るい木立や青空が広がって、明暗が対比されています。左下には、樹木の隙間から池の静かな水面がわずかにのぞき、赤茶色で描かれた牛が画面全体を引き締めています。
印象派とその周辺